1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. その他

私のワープロ技能

最後に更新した日:2021年10月11日(月)

 
ワープロが出来るようになったのは、平成の始まりと共です。
だから12年くらいはやってることになります。
 
最初はワープロ専用機の「東芝ルポ」を使いました。
私にワープロを教えてくれたのは、むかし英文タイプを相当やった人だったので、ローマ字入力を覚えさせられました。

その後、宅建倶楽部を始めてからも東芝のルポを使い続けました。
ルポばかり5台は買い換えたと思います。

ついこの間までルポを使っていたのですが、東芝がワープロ専用機から撤退しちゃったので、今は仕方なくワードで教材を作ってます。
 
私が保守的だったため、昔作った膨大なルポ文書をワード文書に変換する作業が、まだ終わっていません。

ご存知の方が多いと思いますが、「リッチ・テキストコンバーター」というソフトを使えば変換は簡単なのですが、私が持っているこのソフトは、東芝のルポに限っては2DDのフロッピーしか使えないので、すごく時間が掛かるのです(現在のバージョンは2HDにも対応しているそうです)。
 
ところで、ローマ字入力による私の入力速度は相当早いですよ!
ワープロ検定2級くらいの実力かな?

でも、ブラインドタッチが出来るのは左手だけなんです。
右手は人差し指1本だけがキーボードの上を自由に飛び回っちゃってるスタイルです。
要する自己流!

この自己流が思わぬ副産物をもたらせてくれるから不思議です。
 
右手は人差し指1本だけなので、当然キーボードを見ていないとダメです。
でもその分、画面を見つめている時間が少ないので、ブラインドタッチが完全に出来る人と比べると、目の疲れが全然違うみたいなんです。
そのため、3時間や4時間キーボードを叩いていても、目は疲れません。

最初に投稿した日:2001年4月20日(金)


ページのTOPへ

姉妹サイト 宅建の迷物図書館

自己紹介 迷物講師って誰?