検索エンジンの良否

調べ物をするときに私が良く行くのは,検索デスクというリンク集です。 

さすが4千万近くのクリック数を誇るだけあって,ここを起点に各種検索エンジンを始め,ネットニュース・株価・辞書・海外のWEBサイトまで飛べるとても便利なリンク集です。
 
運営者の浅井勇夫氏は,どこの検索エンジンの「検索力」が優れているか丹念に分析されてますが,私のような素人に言わせれば,もっと別な検索エンジン評価法があってもイイように思います。
 
「表示の速さ」の評価です。

宅建倶楽部の電話回線もそうですが,ほとんどのパソコンはまだブロードバンドになってません。
そんなパソコンから検索エンジンにアクセスすると,「検索力」をうんぬんする前に,なかなか表示されない「あの遅さにイライラ」しちゃうんですよ。
皆さんは どう思われるでしょうか。
 
いちおう名の通った検索エンジンで表示が一番早いのは,やっぱりグーグルですネ。
次がヤフー。 あとはグー、フレッシュアイの順でしょうか。
 
遅いのは,インフォシーク・ライコス・エキサイト・MSN。
最悪なのは,オールアバウト(JAPAN)ですね。
あそこはガイドとかいう人の顔が,どのページにも表示されるため画像の重さが原因のようです。
 
もし,検索エンジンの関係者がこれを読んでいたら,表示を早くするため最低でもヤフー並みのエンジンの搭載を検討して下さい。
  ・ クリック数を伸ばす = ディレクトリの充実
という常識は,現状では案外ズレてるかも知れませんよ。

平成14年1月31日(木)記



ブロードバンドが普及した今では妥当しない記事です。
一応の歴史として残しました。

平成17年1月追記



その他【宅建講師message】に戻る