転職の準備
 
数ヶ月の充電期間をおき今度転職する予定のA君が,「そういえば,親の代には今のような形態の失業って無かったですよね!」と言いました。
それをキッカケに書いてみたくなったのが,この文章です。
 
(1)

私が20代だったら,
世の中がどう変わっても対処できるよう,「つぶしが利く」勉強をしておきます。いわゆる専門性を身につけます。

「つぶしが利く」ことが目的なので,同じ専門性でも「狭すぎるものは敬遠」します。

コンピュータ関連を勉強するにしても,ウエブデザイナーしかできない専門性は「つぶしが利く」とは言えないでしょう。
 
(2)

私が30代・40代だったら,
転職の準備のために,会社に隠れて副業します。「ぜいたくのため」や「小遣い稼ぎのため」ではありません。今の本業と違う世界を勉強するためにします。

就業規則で副業が禁じられていても,勤務時間中にしないなら大丈夫でしょうから,実行します。

手始めにネットオークションにでも出品して,何がしかのお金を稼いでみます。
千円稼ぐのさえ,自分の思い通りにならないのを覚悟でします。最初から利益が出ることも期待しません。赤字分は授業料だと思って勉強します。
30代・40代の場合は,今までの経験が別の場所で「使えるか使えないか」を実証しておかないと,希望どおりの転職は難しいと思うからです。

その意味では,専門学校に行って机上の空論を習うより,「千円でもイイから自分の思ったように物が売れるか」の実学に投資するほうが合理的だと考えます。異業種へ転職を希望する場合も,よりスムースになるかも知れません。
 
(3)

私は現在50代ですが,この年齢以上の場合は,いわゆる「年齢の壁」がきつく,どうしようもないところがあるので,良い知恵が浮かびません。

周りでは,早期退職金を元手に起業する人も結構います。

しかし,フランチャイズに退職金をつぎ込むことだけは止めときます。2年と続いた者が周りにはいないし,「老後の資金までむしり取られた」と嘆いているからです。
 
勝手に年齢を分類しちゃいましたが,リストラされる予感の人は参考にしてください。

平成16年3月10日(水)記



資格教材のフランチャイズにつぎ込んじゃった人は,なるべく早く撤退しましょう。
兼業ならまだしも,専業じゃホントに儲からないでしょう?
開業資金を取り戻そうとしちゃだめ!
ここは「損切り」してどうか新分野の開拓を…。

平成17年1月追記



その他【宅建講師message】に戻る