都市再生機構
 
平成13年暮れの閣議決定で廃止が決まっていた都市基盤整備公団が,きょう7月1日から,独立行政法人「都市再生機構」として再スタートしました。関連記事 -  都市基盤整備公団廃止
 
小泉内閣が掲げた,特殊法人の整理合理化計画の一環です。
 
当否は別として,
今回の根底にあるのは,「公団がなければ分譲も賃貸もできないかというと,そうでもない。民間に任せればいい」,という小泉首相の国会での発言でしょう。
 
思えば,
昭和30年に,戦後の住宅不足から鳩山首相の「鶴の一声」で発足したのが,日本住宅公団でした。

それから,昭和56年には住宅・都市整備公団と名前を変え,平成11年には都市基盤整備公団になり,今回,都市再生機構として再々々スタートするわけです。
 
私のような古い人間には,日本住宅公団時代の輝かしい歴史が懐かしいです。

トイレは水洗,風呂は内風呂,流し台はステンレス,寝食分離スタイル(ダイニング・キッチン・スタイル)を,わが国に普及させた功労者は,何と言っても公団でしょう。

平成16年7月1日(木)記



その他【宅建講師message】に戻る