1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. その他

肩書


タクシーに乗る順序は、部長代理と部長補佐、どっちが先なんですかね?
どっちでもイイ! と嫌気がさしたOLが、会社を辞める覚悟で「海まで…」と運転手に告げて、代理と補佐を置き去りにするTVコマーシャル、いつも笑っちゃう。

時代は着々と移りかわってます。100パーセント実力勝負の世界が、もうそこまで来てるというのに、いまだに肩書へのこだわりを捨てきれない社会が、何ともおかしいですね。

・総長
・総支配人
・総料理長
・総婦長

「総長」なんて、もとは右翼ないし大学のトップの肩書でしたが、最近では各種学校の親方までが使ってるのなんて、もっと笑ちゃいます。

小さいレストランの親方ほど、「総料理長」という肩書を欲しがるのも、しかり。

看護婦(現在の正式名は看護師)さんのトップも、20年くらい前までは、全部が「総婦長」でした。
でも、こちらは少し進んでまして、現在でも「総婦長」の肩書がついているのは、例外なく小さな病院です。

大病院は、全部が「看護部長」を名乗ってます。
石原裕次郎をはじめ有名人が多数入院している慶応病院のトップも、もちろん看護部長です。
ここの木村部長、私たち夫婦のちょっとした知り合い。ここまで書いちゃヤバイかな?

平成17年6月5日(日)記



ページのTOPへ