命に別状があること以外は…

(1)

命にかかわる大病をしたと仮定します。
有名な病院と名の知れない病院があります。
私なら,有名な病院に命を預けるつもりです。

(2)

一生に一度の買物,マイホームを購入しようと思います。
有名な業者と無名な業者が同じような物件を売っていました。
私なら,両方から資料を取り寄せます。

(3)

資格試験を受験しようと思います。
有名な教材と無名な教材が目にとまりました。
私なら,両方を検討します。

いつも「寄らば大樹の陰は大嫌い!」と言っていますが,命に別状があること以外は,有名・無名の区別を絶対にしない主義です。とことん自分で調べつくします。

有名な所は,固定化されていて面白みがないと言われた時代もありました。
しかし最近は,とんでもないヤツが紛れ込み危険性を感じることもしばしば。

一度しかない人生,命に別状がないのなら,無名な所を覗いてみる気構えも必要です。

ただし無名所には,半端じゃない「ワル」がいることがあるので,それだけは気をつけたいです。

平成18年12月16日(土)記



その他【宅建講師message】に戻る