デカ電卓

デカ電卓

目のピントを合わせるのが水晶体。

この水晶体の「弾力性の低下」が原因で,近い所が見えにくくなるのが老眼です。

「弾力性の低下」は絶対元には戻りません。
年齢が若くなることがないように…。

ところで最近,弾力性は低下していないけれど(つまり年齢は若いけれど),水晶体の「調節障害」を起こしている人がとても多いです。

私の周りにも結構います。

原因は,携帯やパソコンのディスプレイの見過ぎ!
というのが眼科医の通説でしょう。

わが国の技術者は,何でも小型化するのが得意。
携帯電話のコンパクトさは,それは見事です。

でも,とっくに水晶体の弾力性が低下してしまった私には,あのコンパクトさがとても不満です。

どこか一社でいいから,「デカ携帯」を発売してくれる所はないものでしょうか。

無理ですかね。

そんでもって,うっぷん晴らしに,せめて電卓だけでもデカイのを,と買ってしまったのが写真のやつです。

お互い,目は大切にしたいものです。

平成20年5月20日(火)記



その他【宅建講師message】に戻る