1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. その他

宅建の迷物講師が思うベーシック・インカム(Basic Income)

最後に更新した日:2021年09月10日(土)

(1)

普通の大人は、労働の大部分を、メシを食うためにやってます。

もちろん私も同じでして、メシを食うために宅建講師をやってます。

「働かざる者食うべからず」は、有史以来の常識のようなものでしょう。

(2)

でも最近、この常識を覆す研究がされてます。

実現されたら、私は真っ先に、すべての講座・教材を無料で提供するでしょう。

その一見夢のような研究が、今日のお題「ベーシック・インカム(Basic Income)」です。

(3)

ベーシック・インカムとは、全ての国民に対し、最低限の所得を保証する制度です。

生まれてから死ぬまでの間、無条件に、一定額が国から支給される仕組みです。

今の日本の国力だと、一人当たり1カ月15万円(夫婦で30万円、4人家族で60万円)支給できるという人もいます。

生活保護とは、次の三点で違います。 

・ 支給に際して、条件や審査がない。
・ 国民全員に支給される。
・ 働いた分だけ収入が増える。

財源は、主として次の三つが想定されているそうです。

・ 公共事業の大幅削減
・ 現行年金制度の廃止
・ 消費税の大幅アップ

(4)

もし、ベーシック・インカムが実現されたら、有史以来の大革命ですね。

貧困が解消されるだけでなく、歴史上初めて「生存と労働が切り離される」という意味で大革命です。

なお、ベーシック・インカムには、短所もあると思います。

生まれてから死ぬまでの間、無条件に、一定額が国から支給されるので、国民がいろいろな面で「我慢しなくなる」でしょう。

その結果、ニート、中高年の離婚、会社を辞める人が激増する等「気味悪い社会」になっちゃうかも知れません。

皆さんはどう思いますか?

関連ブログ
ベーシックインカム研究所

最初に投稿した日:2009年2月12日(木)



ページのTOPへ