1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. その他

世界は日の出を待っている

最後に更新した日:2021年01月05日(火)

(1)

この記事を最初に投降したのは平成24年5月ですが、その頃「最近、第一次世界大戦から第二次大戦に至るまでの世相に似てきた」、という人がいました。


(2)

その頃の私は、「少しオーバーな表現だな」と考えていましたが、令和3年のお正月現在の新型コロナウイルスのパンデミック騒ぎに遭遇してみて新たに考えてみると、「第一次世界大戦から第二次大戦に至るまでの世相に似てきた」は、本当かも…と真剣に考えるようになりました。


(3)

そう言えば、私の父方の祖父は大正7年(1918年)に将校としてシベリア出兵に死を覚悟で参戦しました。その時祖母のお腹にいたのが迷物講師の父、つまり私のオヤジです。死を覚悟していた祖父は、祖母に無事生まれたら小口家を守る子供に育て!というつもりで「守(まもる)」と命名することを強く懇願して出征して行ったそうです。


(4)

なお運の良かった祖父は、その頃流行し始めたスペイン風邪(最初のインフルエンザ。つまり新型コロナウイルスの先祖)にも罹患せず、無事帰還したのであります。


(5)

「最近、第一次世界大戦から第二次大戦に至るまでの世相に似てきた」が本当でもウソでも、「世界は日の出を待っている」事だけは、確かでしょう!


The World Is Waiting for the Sunrise !


最初に投稿した日:2013年05月19日(火)


ページのTOPへ

姉妹サイト 宅建の迷物図書館

自己紹介 迷物講師って誰?