ウソ付いたら針千本のーます!
 
堅苦しい法律用語を理解してもらえる「光った言葉」を探すのは難しいもんです。
 
宅建業法のテキスト・参考書を読んでいると「損害賠償額の予定」とか「違約金の定め」という難しい専門用語に出くわします。

両方とも同じような意味で,買主がいい加減なことをした場合に備えて,前もって決めておく損害賠償や違約金のことです。私は,今発売中の宅建2000という教科書でも,そのように説明してきました。
 
でも,今日もっとイイ表現を発見しました。
 
「損害賠償額の予定」とか「違約金の定め」って,ウソ付いたら針千本のーます!という言葉と一緒だということです。
「指きりげんまん」のあとに子供達が発するあの言葉です。

合格のコツ(民法・権利関係)で,契約とは人間どうしの約束のことだと書きましたが,もっとやさしく言えば,約束である契約は「指きりげんまん」のことなんです。
 
その「指きりげんまん」をした瞬間に,約束が破られるといけないので,ウソ付いたら針千本のーます!
と言っておくのが,「損害賠償額の予定」であり「違約金の定め」でもあるわけです。
 
こう言えば,小学生でも分かってくれると思うんですけど。
まだ分からない?
お願いだから分かってチョーダイ!

平成13年 3月21日(水)記
平成22年11月11日(木)追記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る