法律の発想は二元論,三元論じゃないよ
 
コンピュータは,「あらゆる情報はビットの単位に分解できる」という発想から生まれました。
ビット(bit)っていうのは,「0」と「1」の最小単位のこと。
「ある」か「ない」かです。

法律の発想も非常に似ています。
最小単位は「0」と「1」のように,二元論になっています。
複雑な三元論にはなっていません。

これに関連して,私がとても残念に思っていることがあります。
三元論に立って法律の発想をしている人が多いのです。

宅建試験合格者・マンション管理士・行政書士にも相当います。
私だったら,こんな人には絶対相談料を払いませんね!

例えば,都市計画法の場所の話として,
全国は,
①都市計画区域
②準都市計画区域
③①と②の両区域外
の3つに分けられる,と発想している人がいたら,その人は三元論に立っています。

違います!
根本的に全国は,
①都市計画区域
②都市計画区域外
の2つに分けられるだけです。
準都市計画区域は,都市計画区域外に含まれる特別な場所です。

媒介契約は,
①一般媒介契約
②専任媒介契約
③専属専任媒介契約
の3つに分けられる,とやはり三元論で発想する人がいます。

これも違います!
根本的に媒介契約は,
①一般媒介契約
②専任媒介契約
の2つに分けられるだけです。
専属専任媒介契約は,専任媒介契約に含まれる特別な契約です。

法律は人間社会が前提になっているので,社会科学(価値=良し悪しを判断する学問)と呼ばれます。

人間社会には,
・善悪がある
・男と女がいる
・表と裏がある
・右派と左派がある
・守旧派と革新派がある
みんなシンプルな二元論を根本としているでしょ!

シンプル・イズ・ベストという,今では月並みになった言葉は,コンピュータならずとも,あらゆる人間社会を扱う分野での,これからのキーワードになります。

三元論で宅建試験等に合格した人は暗記型に多いです。
その努力には,しかし敬意を表せざるを得ません。
さぞかし大変だったでしょう。

平成17年10月1日(土)記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る