5点免除者は単純に5点得しているわけじゃない

平成18年度宅建試験の合格基準点は,
・ 一般受験者…50問出題中34問以上正解
・ 5点免除者…45問出題中29問以上正解
でした。

合格者の最低正解率は,
・ 一般受験者…34問 ÷ 50問 =68%
・ 5点免除者…29問 ÷ 45問 = 64.4%
だったことになりますね。

正解率にすると,5点免除者(登録講習を終了した受験者)は一般受験者より「3.6%得している」のです。
この差は意外に大きいです。

今年は,もっと差が開くかもしれません。
5点免除者は「単純に5点得している」わけではないのです。

宅建試験での合格基準点の決め方は公表されていませんが,一般受験者の基準点を「単純に5点マイナスした」ものが,5点免除者の基準点になるとは限りません。
一般受験者34点,5点免除者27点だってあり得ます!

一般受験者は,5点免除者の不動産屋さんグループに負けないよう,最後まで頑張って欲しいです。
不動産屋さんグループも,最後まで気をゆるめないで欲しいです。

平成17年10月11日(火)記
平成19年 4月10日(火)追記



上の記事は平成24年の受験に際しても妥当します。

平成24年1月16日(月)追記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る