民法が湿っぽい人へのハナムケ

約束しない事は守らないで良い!
幼稚園生でも分かる事です。

こんな簡単すぎる事がキーワードになって,民法の問題が解けることがあります。

次の問題を見て下さい。

Aが,B所有の建物を代金8000万円で買い受け,即日3000万円を支払い,残金は3ヵ月後,所有権移転登記及び引渡しと引換えに支払う旨の約定がある。この場合,Aは,履行期前でも,Bに残金を提供して建物の所有権移転登記及び引渡しを請求し,Bがこれに応じない場合,売買契約を解除することができる。 (平成8年問9肢1)

Bが売主,Aが買主です。

売主Bは,どんな約束をしたのでしょうか?

「3ヵ月後に…登記及び引渡しをする」,と約束したのです。
3ヵ月経過しないうちに何かをするとは,約束していません。

約束しない事は守らないで良いのだから,
3ヵ月経過しないうちに,買主Aが売主Bに残金を提供して建物の登記や引渡しを請求し,Bがこれに応じなかったとしても,Bには何も「落ち度」(債務不履行)がないです。

「落ち度」がない者が不利益を受ける(Aから解除されちゃう)わけがない!
だから,この問題の答はバツです。

民法が湿っぽい人へのハナムケです!
最後は,幼稚園生でも分かる常識に当てはめて判断しましょう。

約束した事は守らなければならない
約束しない事は守らないで良い

平成17年10月13日(木)記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る