考えるチカラの無い人

考えるチカラの無い人は,小中学生でさえ持つ疑問を軽く見過ごしてしまいます。
宅建の勉強について言えば,予後不良,末期がん一歩手前の状態です。

一例を示しましょう。

都市計画法を勉強すると,最初の方で,特定街区(とくていがいく)という都市計画を勉強します。

難しい定義はともかく,超高層ビルを建築するための計画が,「特定街区」に関する都市計画です。
東京23区に林立する超高層ビルを思い浮かべる人が多いです

ところで,ほとんどの参考書には,特定街区は「市町村」が定めると書いてあります。
そこで,考えるチカラの無い人は,暗記して満足します。

しかし,小中学生でさえ気の利いた子は,ここで疑問が生じます。
東京23区には「市町村」がないではないか!
東京23区の住所は,東京都新宿区西新宿3丁目…というように,「市」がないのです。
東京23区の特定街区は誰が定めるんだよ! という疑問です。

さあどうしますか?
今日の(も)私は冷たいですよ!(笑)

ヒントだけ与えます。
「地方自治法281条」と「都市計画法施行令46条」を自分で調べるのです。

それで,「特定街区は『常に』市町村が定める」 という問題が出たら答はバツだな,ということが理解して頂けたなら,きょうの私の目的は達成です。

市町村税とされる固定資産税の勉強にも役立って頂けたなら,もっと嬉しいです。

平成18年4月30日(日)記

ページのTOPへ