勉強に向く人

5月15日にも書きましたが,ダメな人はダメです。「勉強に向かない人」はダメです。
ダメじゃない人,つまり「勉強に向く人」には「人間味」があります。

私は,人間味を5つの要素に分析し統計化しています。
その一部をチョットだけ公開します。

根がまじめであることが,人間味の中では一番重要です。
勉強に向くのは根がまじめな人

本試験まで4ヶ月以上もある今は,まだ,チャラチャラしていてもいいです。
直前期になったら,「尻に火がついた」と頑張れる人は,根がまじめです。

別な言い方をすると,根がまじめな人は,宅建を受けると決めた以上,普段チャラチャラしている時でも,後めたさを感じつつ,チャラチャラしています。
「こんな事じゃダメなんだよね!」と自問自答しつつ遊んでいるわけです。

もっと別な言い方をすると,人間味には,理屈に合わない自己の行動に「罪の意識」を感じることが,不可欠です。
この「罪の意識」こそが,直前期になったら今の自分を一番変えてくれる元になります。変えてくれるのは他人ではありません。

私の通信教材では,有名な芸能人もヤクザも合格しています。
合格した人は皆んな根がまじめだったと思います。

私自身も,ふだんはチャラチャラしていますが,根はまじめなのかも知れません。



最近つくづく思うんですよね。
「罪の意識」とか「後めたさ」を感じることが,何事においても一番大切じゃないかって…。
6月から始まるワールドカップも,罪の意識を感じながら応援しましょうね!
なお,根がまじめ「すぎる」のは良くないです。
この点についてのバランスは,改めて書くつもりです。

平成18年5月30日(火)記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る