やる気が出ない時の対処法

宅建は夏が勝負です!

秋になり,肌寒さを感じるようになったら,ほとんど勝負がついています。

もっとも,私は夢を売る人間なので,秋になったら違うことを言っているかもしれません。

「最後まで諦めちゃダメですよ。 夏バテした人でも秋に盛り返した人は何人もいます!」(笑)。

まあ,「夏が勝負」も「最後まで諦めちゃダメ」も,両方とも本当なんですが,きょうは夏にも秋にも使える,「やる気が出ない時の対処法」をひとつ…。

場所を変える
このひと言です。
やる気が出ない時は,ふだん勉強している場所を変えてみましょう。

私はふだん,事務所で仕事・勉強をしていますが,多くの宅建受験者と同様,しばしば,やる気が起きなくなります。
そういう時は,「ちょっと出掛ける」とスタッフに断って,行方不明になります。

症状が軽い時は「駐車場に停めてある車の中」で,軽くエアコンを効かせながらやります。
ここは,スタッフを気にせずオナラが出来るのが良い!

ちょっと症状が重いと思ったら,「遠い場所」まで移動します。
例えば,船橋駅から快速電車(グリーン車)に乗って,その中でやります。行き先は古都鎌倉が多いです。

所要時間1時間20分,往復2時間40分,ゆったりと本が読めます。
七里ガ浜の海岸で,さらに本を読むのも,最近のお気に入りです。
砂浜で遊んでいる若者を尻目に,少し自虐的になるのもナカナカ。

船橋・鎌倉間をグリーン車で往復し,どっかでおいしいコーヒーを飲んでも,5千円でお釣りが来ます。

こうやって気分転換した後は,ふだんの場所でも,しばらくは,やる気が持続するはずです。

なぜ,場所を変えると良いのか考えてみました。
おそらく,人間は「飽きる動物」だからでしょう。

資格試験の勉強で飽きたら,「人」(講師・著者)を変える方法もあります。
その他に,手軽な方法として「場所を変える」のもいいよ,という話でした。

お試しあれ。

デパートの屋上,高級ホテルのロビー,高速道路のサービスエリアなどもオススメの場所です。
しかし,宅建の勉強に関係がない気分転換は,逆効果なので注意。
例えば,場所を変えるのが良いと「ぱちんこ屋」や「競馬場」に行くのはダメ。
一回でも行っちゃダメ!
泣いても笑ってもあと3ヶ月。
そういう意味での気分転換は,試験が終わってからにしましょう。

平成18年7月9日(日)記



楽に合格する話【宅建講師message】に戻る