宅建試験のテキスト・参考書が「読みにくい」理由

(1)

理由を抽象的に示すのは簡単。

宅建は法律の試験であり,法律は,普通の人にとっては堅苦しいです。

だから「読みにくい」のです。

(2)

テキスト・参考書は,「読みにくさ」を本質とする商品ということです。

そこで,この「読みにくさ」をいかに解消するかで,各著者は苦労しているわけです。

(3)

私も少しは苦労していますよ(笑)。

そこで苦労のあとを,チョットだけお見せします。
試作品です。

お題は「相続の放棄と承認」。

(4)

相続は,被相続人(死んだ人)の財産が,法律上当然に,相続人に属してしまう制度です。

これを,堅苦しい用語では当然承継主義(民法896条)といいます。

ところで,被相続人の財産には,マイナス財産(借金)も含まれます。

だから,当然承継主義を貫くと,死んだお父さんの借金を背負い込んでしまうことになり,相続人に気の毒です。

そこで,民法が相続人保護のために用意しているのが「相続の放棄と承認」という制度です。

「相続の放棄と承認」の根底にあるのは,当然承継主義をどうやって修正するかなのです。

(イ) 相続の放棄(民法939条)

これは,相続人に相続を否認させるシステムです。
当然承継主義の放棄とも言えます。

相続人とならないので,死んだお父さんが借金まみれだった場合に,相続を放棄しておくと相続人は安心です。

(ロ)相続の承認

相続の承認には限定承認と単純承認があります。

(ⅰ)限定承認(民法922条)

これは,相続人が相続したプラス財産の範囲内でマイナス財産(借金)の責任を負わせるシステムです。

相続人とはなるので,死んだお父さんの借金額が不明な場合に,限定承認しておくと相続人は安心です。

(ⅱ)単純承認(民法920条)

これは,当然承継主義をそのまま貫くシステムです。
相続人は,プラス財産もマイナス財産も,全部責任を負います。

相続人となり,死んだお父さんの財産関係全部を面倒みるので,死んだお父さんに借金がほとんど無いような場合に,単純承認されることが多いです。

…以下省略…

(5)テキスト・参考書への条文表示

宅建の本に条文を表示すると,条文のところで文章の流れが止まってしまいます。

その結果,本が「読みにくく」なります。

だから私は,自分が作っている印刷物には条文を載せません。

ネット社会は便利になりました。

上のリンク箇所(青い字)をクリックしてみて下さい。

当然承継主義・相続の放棄・限定承認・単純承認について,ピントが合った条文を1条ずつ御覧になれます。

どうしても条文が知りたい人は,ネットで調べればいいのです。
高い宅建六法を買う必要は全然ないです。

平成20年7月23日(水)記

ページのTOPへ