1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. 楽に合格する話

覚えると危険な言葉

最後に更新した日:2021年03月13日(土)


「かけこみ廃業」という言葉を覚えてしまったのが原因で、本試験で足をすくわれる受験者が、結構多い。
本試験ではこれに関連する引っ掛け問題が二度出題されている。どんな原因で不合格になるか、またその対策を記事にした。


(1)イントロ

免許取消処分の聴聞の期日及び場所が公示されたけど、その聴聞が行われる前に、相当な理由なく廃業の届出をしたAがいました。

この場合Aは、廃業の届出から5年を経過しないと、新しく免許をとれません。

こういうことを「かけこみ廃業」の免許欠格期間は5年だよ、と教える参考書や予備校があります。

でも、
「かけこみ廃業」という言葉を覚えてしまったのが原因で、本試験で足をすくわれる受験者が、結構多いです。

(2)なぜ足をすくわれるか

次の問題を読んで下さい。

業務停止処分の聴聞の期日及び場所を公示されたけど、その聴聞が行われる前に、相当な理由なく廃業の届出をしたAがいた。この場合Aは、廃業の届出から5年を経過しないと、新しく免許をとれない。

この問題も、「かけこみ廃業」には違いないです。
業務停止処分を回避するために、Aのほうから先手を打って廃業したわけですから…。

じゃ、この問題はマル肢としますか?
そんなことしたらドボンですよ!
この問題はバツ肢です。

なぜならば、

「かけこみ廃業の免許欠格期間は5年」
というフレーズが妥当するためには、
免許取消処分の聴聞が前提になければならないからです。

業務停止処分の聴聞が前提になっていても、
「かけこみ廃業の免許欠格期間が5年」
というフレーズは当てはまらないのです。

(3)本試験では二度引っ掛けている

この点に関して、本試験では引っ掛け問題が二度出題されています。

一度目は平成 1年[問39]肢(2)
二度目は平成18年[問30]肢(4)

です。

(4)私が教えるなら

「かけこみ廃業」のような不正確な言葉を覚えてしまうと、ホントに危険です。

私なら、
取消し逃れの廃業」の免許欠格期間は5年だよ、と教えます。

最初に投稿した日:2008年9月19日(金)


ページのTOPへ

姉妹サイト 宅建の迷物図書館