独学で宅建合格を目指すトラの皆さんへ

(1)

野生のサルは、木の上で群れをなして生活してるので、サルの天敵は、木登りをするネコ科の大型動物、例えばトラということになります。

ある時、サルの群れがトラに襲われました。
この時、サルは、クモの子を散らしたようにいっせいに逃げるでしょうか?

動物行動学の研究によれば、答はノーです。
いっせいに逃げるどころか、代わる代わる、トラに近づいて行ったりするそうです。

(2)

こういう行動に出られると、襲う側のトラは「ここにも美味しそうなサルがいる!あそこにもいる!」という状況で、マトを絞れなくなります。

そして結局のところ、狩りをあきらめざるを得ない状況に陥るそうです。

(3)

きのう、船橋駅前の大型書店で、1時間以上掛けて宅建試験の参考書・過去問集を立ち読みして来ました(一部は購入しました)。

去年にも増して、宅建関連の書籍は百花繚乱状態!
ずいぶん増えましたね。

そんで、ふと思いました。
独学を目指す宅建受験者の皆さんって、結構大変なんだなぁ~と…。

「ここにも良さそうな本がある!あそこにもある!」という状況で、マトを絞れなくなっちゃうんですね。
サルを襲うトラの気持に似たものがあることでしょう。

(4)

動物行動学では、サルがなぜあのような自殺的行動とも言える進化をとげてきたか、古くからの謎だそうです。

でも、宅建関連の書籍の氾濫は理由が明快。
わが国が自由主義経済で動いていて、憲法でも出版の自由が保障されてるからですね。

おまけに現代はIT社会。
書籍が出版されるたびに、ご丁寧に、メルマガで知らせてくれる関係者までいます。

独学で宅建を目指すトラの皆さん!

時間が許すなら、ぜひ宅建倶楽部の無料の宅建講座等で予備知識を得た上で、教材選びをしてくれればと思います。

宅建の本なんて、多くが自費出版です。
著者の儲けが1冊せいぜい300円だとしても、トラである皆さんは、宅建試験業界のサルに奉仕する必要なんか全然ないです!

平成21年 3月 1日(日)記
平成22年11月12日(金)追記


ページのTOPへ