ワラをもつかみたい受験者、太鼓もち、付和雷同しない人


今年の試験問題は、某印刷所での印刷も終わり、どっかの倉庫に眠っているはずです。
ほとんどの皆さんは、一足先に見せてもらいたい心境でしょう。

ところで、あと3週間のこの時期、ワラをもつかみたい受験者の足元を見透かしたように、盛んに宣伝攻勢がかけられています。

毎年同じです。
どんな資格試験業界でも同じです。

インターネットが発達すればするほど、この宣伝攻勢は巧妙になっています。
掲示板への書き込み、メルマガ等を通じ、あの手この手で、皆さんの不安を煽(あお)ります。

宅建の学校(予備校)が直接行うとは限りません。
太鼓もちを使う場合も結構あります。

受験者の皆さんの中には、こんな人もいます。
自分が決めたペースを乱されないよう、あと3週間は「絶対にパソコンを見ない!」。

こう言える人は、いつの時代も、どんな業界でも「カッコイイ!」ですね。

付和雷同しない人。
私は大好き。
このメッセージを読んでる人の中から、一人でも二人でも、こんな人が出てくれないかなぁ!

平成17年9月24日(土)記
平成24年1月19日(木)追記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る