原著論文


うちの奥さんに聞いた話…。

学者の世界は「原著論文」の数で評価されるらしいです。
原著論文とは、独創的な研究の成果をまとめた論文のことです。

私も原著論文の一つも書いてみたいけど、宅建講師のブンザイで、そんなことが出来るわけもないです。
そこで思うことがあります。
せめて、「宅建受験界での『原著論文的な文章』を書いてみよう!」。

そんなつもりで書いたのが、このブログで、今年の1月8日から1月17日にかけて書いた記事です。

でもブログは時間が経過すると、読んでもらいたい記事でも、埋もれてしまいます。
そこで、普通のホームページに同じ記事を転載してみました。

なお、同じ記事なのにネットに二重に流しておくのは「せこい」ので、このブログの該当記事は削除しました。「民法は法律の基本」という点について、結構詳しく書いたつもりの文章です。

良かったら読んで下さい。こちら

平成18年3月28日(火)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る