基本書

宅建でメシを食っている私は、常に「大多数」を意識しています。
大多数とは、法律に詳しくないであろう庶民のことです。

そういう人達を相手に、宅建試験の参考書・テキストを「基本書」と表現するのは、どうも感心できません。
このブログは同業者も読んでくれているので、書くんですけど…。

もともと「基本書」という言葉は、
戦前の高文司法科を受験していたヤツ(今の司法試験受験者)が使い出したんですよ。
当時のエリート言葉です!

しかも「基本書」という言葉は、普通の国語辞典には載っていませんよ。
私がもっている広辞苑にもないです。

そういう言葉を平気で使っていながら、庶民を相手に「分かりやすい講義をします」って言っても、なんか変でしょ?
同業者諸氏は、法律の専門用語以外にも敏感にならないとね。

平成18年4月6日(木)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る