論理(理屈)を学んで欲しい

(事例1)

・ 東大卒は優秀だ 
     ↓
・ ○○さんは東大卒だ
     ↓
・ だから○○さんは優秀だ

こういう理屈は、結構まかり通っています。
でも論理的に誤りです。

どうして誤りか説明できるでしょうか?

大前提である「東大卒は優秀だ」という文章にゴマカシがあります。
東大卒と優秀を「イコールで結んでいる」けれど、東大卒の中には優秀な者が「含まれるだけ」です。

(事例2)

・ 中卒は優秀じゃない 
     ↓
・ ○○さんは中卒だ
     ↓
・ だから○○さんは優秀じゃない

こういう理屈も、(事例1)と同じで、論理的に誤りなことが分かるでしょう。
中卒と優秀じゃないを「イコールで結んでいる」けれど、中卒の中には優秀じゃない者が「含まれるだけ」です。

(事例3)

・ 予備校に行くと合格しやすい 
     ↓
・ ○○さんは予備校に行っている
     ↓
・ だから○○さんは合格しやすい

これも、予備校に行くと合格しやすいを「イコールで結んでいる」けれど、予備校に行く者の中には合格しやすい者が「含まれるだけ」です。

したがって、

・ 予備校に行かないと合格しにくい 
     ↓
・ ○○さんは予備校に行っていない
     ↓
・ だから○○さんは合格しにくい

という理屈も、論理的には正しくないことになります。

この記事の読者には、法律を勉強すると騙されにくくなるので、まずは入門資格である宅建から始める、という人もいるはずです。

でもね、

・ 法律を勉強すると騙されにくくなる 
     ↓
・ ○○さんは法律を勉強している
     ↓
・ だから○○さんは騙されにくくなる

という理屈も、論理的には正しくないです。

しつこいですが、
法律を勉強すると騙されにくくなるを「イコールで結んでいる」けれど、法律を勉強する者の中には騙されにくくなる者が「含まれるだけ」です。

でも、両者を限りなくイコールに近づける方法は有ります。
つまり、「法律を勉強すると騙されにくくなる」という大前提を、ほとんど正しくする方法は有るのです。 

それは、
宅建試験に受かることじゃないです。
少しステップアップして、マンション管理士や行政書士・司法書士に受かることでもありません。

論理理屈を学ぶことです
試験に受かるから騙されにくくなるんじゃなくて、論理を学ぶからそうなるんです!

いままで書いてきたような大前提が、論理的には全部正しくない、ということが瞬間的に分かることです。
そういうことが分かると、不動産屋さんを仕事にしなくても、どんな業界に行っても、騙されにくくなります。
もちろんプライベートでも…。

じゃ優秀な皆さんに、卒業試験をします。

(卒業試験)

・ ブランド品を多く持っている人は金持ちだ 
     ↓
・ ○○さんはブランド品を多く持っている
     ↓
・ だから○○さんは金持ちだ

これは論理的に正しいか? もう簡単でたまらないですね。

ブランド品を多く持っている人と金持ちだを「イコールで結んでいる」けれど、ブランド品を多く持っている人の中には金持ちが「含まれるだけ」だから、誤りです。

資格試験の予備校は、予備校に行くと合格しやすいを「イコールで結んでいる」ように見せかけます。

ブランド品を売る商売は、ブランド品を多く持っている人と金持ちだを「イコールで結んでいる」ように見せかけます。

そのためにするのが広告です。

宅建を勉強することをきっかけに論理を学ぶと、騙されにくくなるだけじゃなくて、例えば広告業界に行ったって使える人間になると思います。

私は、単なる丸暗記やゴロ合わせで宅建に受かっても「将来はないよ!」と良く言います。

せっかく法律の入門資格に挑戦するんだから、受験者の皆さんには是非、論理を学んで欲しいです何事も最初が大切!)

構えなくても大丈夫。
宅建倶楽部のサイトを読んでくれるだけでイイです!

平成18年4月16日(日)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る