小さな決断

宅建関連の掲示板で「オススメの参考書・予備校は?」と書き込む人がいます。
半分は自作自演業者(工作員)の種まきですが,残りの半分はホントの書き込みです。

私がきょう言いたいのは,ホントの書き込みについて…。

宅建の参考書・予備校選びなんかは,人生における「小さな選択」に過ぎません。
就職・結婚などと比べれば,「大きな選択」とは言えないでしょう。

そもそも,何かを選ぶということは,選ばなかったものを捨てることです。
取捨選択という言葉があるように…。

そして選択には必ず決断が伴います。
「小さな選択」も「大きな選択」も,すべて決断です。
意識していようがいまいが,選択は決断に他なりません。

私は思います。

「宅建の参考書・予備校選びのような『小さな決断』さえも自分で出来ない人って,どんな経歴の持主で,どんな将来を送るのだろう?」と。
親が決めたような道を歩いて来た人(パラサイト・シングル?)が社会問題になっていますが,同じ人たちなのかな? 

自分一人で小さな決断が出来ない人は大きな決断も出来ません

小さな決断にも細心の注意を払うのは当然ですが,「他人に相談すること = 細心の注意」 と勘違いしないようにして下さい。

決断は習慣です。
慣れの部分がすごく大きいです。

宅建の参考書・予備校選びのような小さな決断に慣れると,人生の転換期にするであろう大きな決断の時にも,きっと役に立つと思います。

失敗を恐れちゃダメ。
宅建では命まで取られません。

参考書・予備校なんて,100パーセント自分だけの決断で選びましょう。
身近に合格者がいても,聞かないほうがイイです。
自分で本を調べ,自分で予備校に当たるのです。

小さな取捨選択・決断にも勇気を持とう!

平成18年4月19日(水)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る