似た過去問とは何か?

私が火をつけたのかも知れませんが、「過去問の練習は最近の10年間だけじゃ足りないか?」 について、今年は特に意見が分かれているようです。

10年間だけじゃ絶対に足りないというのが私の意見です。

反対説(10年間で良い)を唱える関係者は、必死です。

11年以上前に出題された過去問からの出題率なんか「12パーセント前後」に過ぎない、という資料を具体的に提示する者もいます。
いっけん説得力があるので、多くの受験者に信用されそうです。

でも、こういう資料にはスゴイ仕掛けがあります!
ある年に過去問に似た問題が、実際に出題されたとします。
その場合、似た問題の「基準を厳しく」するのです。
そうすれば、11年以上前に出題された過去問からの出題率は「12パーセント前後」に過ぎない、という資料になります。

逆に「基準を甘く」すれば、11年以上前に出題された過去問からの出題率は「30パーセントを超えている」という資料も作れます。
両者とも、ある程度の経験がある講師なら簡単に作れます。

ひどい所になると最近の10年間の基準と11年以上前に出題された過去問の基準が全然違っていたりします

3~4年前までは、そもそも「過去問は最近の10年間だけじゃ足りないか?」なんていう議論自体が無かった、と記憶しています。

昭和49年から平成20年までの35年間で、合計1480問の四択過去問が出題されています。肢にすると1480問×4肢=5920肢です。

したがって、例えば平成21年に出される新しい問題(50問×4肢=200肢)について、それらが「過去問とどう似ているか」を判定するには、200肢について、平成20年以前の5920肢と比べてみる作業が必要になります。

200×5920=118万4千回の作業です。

瞬間的に済むこともあるので、現実にはもっと少ない作業ですが、普通の講師や宅建専業でない予備校が毎年真面目にやっているかを、まず疑うべきなのかもしれません。

コンピュータを使って比較したとしても、似た問題かどうかの基準は操作できるので、「過去問の練習は最近の10年間だけで良い」という意見には、やっぱり賛成できませんね。

※関連記事
過去問題の利用法

平成18年 7月 2日(日)記
平成21年 9月14日(月)追記


ページのTOPへ