落ち込まないで大丈夫

過去問を本格的に始める人が増えてきましたが,出来が悪くて落ち込んでいる人も多いことでしょう。

でも大丈夫。
まあ,私の言うことを聞いてチョーダイ。

夏の時期に,何も見ないで過去問を解いても,いい点がとれないのは当たり前です。

いい点がとれるようになるには,方法があります。

最初は,解説を読みながら過去問を「やる」のです。
何も見ないで「解く」のではダメ。

そもそも,
知識を少しインプットしたくらいで,いい点がとれるほうが,おかしい。
そういう人は特別な人です。

これから先は,普通の人に向けた話をします。

最初のうち,解説を見ながら過去問を「やる」と,まず,誤りの肢が分かるようになります。

ちょっと我慢して,同じような引っ掛けに複数出くわすと,誤りの肢の印象がだいぶ定着してきます。

次の段階では,正しい肢が分かるようになります。

正しい肢であるためには,多くの関門をクリアーしなければならないので,正しい肢は,誤りの肢を理解するより難しいです。

でも慣れてくると,その肢が正しい理由をちゃんと複数言えるようになってきます。

解説を見ながら過去問を「やる」と,
まず誤りの肢が分かるようになる
次に正しい肢が分かるようになる
と,頭の中が進化してくるわけです。

答を覚えてしまっても何ら支障ないです応用力今年の本試験に対応できるチカラちゃんと付いています

このように進化してきた自分の頭も,ちょっと油断すると逆戻りになるから注意です。

解説を見ながら過去問を「やる」作業は,できるだけ「短期集中」で行いましょう。
でないと,せっかくの進化が台無しになります。

夏の時期,「尻に火が付いて来た」「ワラにもすがりたい」と思い始めた人は,逆にチャンスです。
「尻」「ワラ」は,いかにも短期集中になじむ言葉ですもんね!

多くの宅建受験者は,知識を少しインプットしただけで,何も見ないでいきなり過去問を解きます。 そして,いつまでも出来が悪くて落ち込んでいます。

でも今日の記事に書いた通りにやれば,案外早い時期に,いい点がとれるようになってきます。

繰り返しますが,答を覚えてしまっても何ら支障はないです。応用力も,ちゃんと付いています。

平成18年7月25日(火)記



私が「解説を見ながら過去問をやろう」と提唱すると,「最初から答が分かっていて記憶に定着するの?」と反論する人が,必ず出てきます。

反論する人の根底には,「記憶は間違えること(恥をかくこと)で定着する」という信念があるようです。

勉強=子ども時代の受験勉強=退屈な知識の暗記」という経歴をたどってきた人が,そういう信念を持ちやすいです。

でも法律の勉強はですね,
「退屈な知識の暗記」というネガティブな信念を持ったままだと,宅建にも不利だし,ステップアップも望めません。

法律の勉強は感動を先行させるものなんです。
「あっ,そういうことだったのか!」という感動のお陰で,イヤでもその知識が記憶として定着するのが,法律の勉強の王道なんですね。

間違えることで記憶に定着させるなんていうネガティブな信念は,早く断ち切ったほうがいいですよ。人間,1ヶ月もすれば変われますから。
まだ間に合いますから…。

平成21年9月14日(月)追記

ページのTOPへ