迷物講師の宅建教材はブランド品?

私は教材を安売りしません。

安売りしても売り上げは伸びないし,資格試験の教材は,マクドナルドのハンバーガーに似たところがあるからです。

一度値下げしたら,再び値上げするのは大変で,失う信用のほうが大きいです。

そんなワケで,最近では悪ノリして,私の教材の「ブランド化」を目指そうとさえ思っています。
笑いたい人は笑って下さい!

ところで,
「ルイ・ヴィトン」
「ヘネシー」
「ゲラン」
「クリスチャン・ディオール」
「ジバンシィ」
などの高級ブランドを,実は,スーパーのヨーカ堂が全部支配していたとしたら,皆さんはどう思うでしょう?
幻滅する人がほとんどでしょう。

でも,これと同じことが起きているのが現代です。

上のブランドをはじめ,現在40くらいの世界の高級ブランドが,一つの企業グループによって支配されています。

その企業体を,モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ(LVMH)といいいます。

グループを率いるベルナール・アルノーは,知る人ぞ知る財務のエキスパートです。

今や,非合理主義が支配してきたはずの職人技は,財務的な合理主義の前に完全に屈服してしまった感があります。

こうなると,ブランド品のブランドたる所以(ゆえん)は,「安売りしないことの一点」にしか残っていないようです。

私の宅建教材も,ブランド品にだんだん近づいてきたぞぉ!

LVMHのホームページ

平成18年8月18日(金)記

ページのTOPへ