宅建の壁

5年前,うちの奥さんが突然「宅建を受けてみる!」と言い出したことがあります。

彼女は当時,投資用のマンションを買いましたが,その影響のようです。

本職は看護婦(師)。

畑違いの彼女でも,1ヶ月勉強して29点とれていました(不合格)。

何が言いたいのか。

フツーの人でもフツーに勉強すれば30点まではとれる試験,それが宅建だということです。

問題はそこから先。

一般に合格点とされる35点まで伸ばすのが大変なのです。
5点の壁は非常にデカイ! です。

現時点で一番多いと思われるのは,「四択のうちニ択までは絞れるんだけど…」という嘆きでしょう。

このまま本試験を迎えちゃうと,確率論では25点止まり。
さあ,どうしますか?

私は,きょうは対策を述べません。

※ 余談 

宅建試験では,去年もおととしも満点はいませんでした。
去年は49点が最高点。

平成18年9月28日(木)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る