出版社の天敵

執筆 → 校正 → 材料の仕入れ→ 印刷 → 製本 → 取次ぎ → 小売

宅建の参考書は、他の出版物と同様に上のような工程を経て、受験者のもとに届きます。

CDやDVDも似たような工程を経ます。

その間に搾取される中間マージンは、どのくらいなのでしょうか?

これらの工程をすべて自分でやり、「直販」と銘打って販売しているのが私の教材です。

したがって、出版関係にたずさわる人からすれば「何だこの野郎!」ということになります。

迷物講師は出版社の天敵なのです

そんなワケで、私がどんなにイイ宅建教材を開発しようとも、まともな出版社からの声は一切掛かってきません。

これを寂しいと思う時期もありました。

「俺の本も国会図書館に寄贈され後世に名を残したい」と願ったこともあります。

しかし時代が私を救ってくれました!

業務用プリンターの発達ブランクCDの価格下落等全部が理科系技術者のお陰で出版社に頭を下げないでメシが食えちゃいます

ホームページを充実させると、たとえ日本が沈没しても、1万年後でも、名が残る予感がします。

まともな出版社から声が掛からなくても、寂しいと思うことは、もうないです。

最近では、心の余裕までできました。

例えば、宅建関連のすべての出版物をホームページ、メルマガ等で紹介し、ひたすら出版社から声が掛かるのを待っている人達をあわれと思えるようになれました。

平成18年10月 4日(水)記
令和 3年10月19日(火)追記


ページのTOPへ