勝負脳

合格発表から1週間経ちました。

今年の宅建試験は,
・ 申込者数240,278人
・ 受験者数193,573人
・ 合格者数  33,191人
でした(受験者に対する合格率は17.1%)。

受験したけど合格できなかった人は,全国で16万人もいる計算。
相変わらず厳しい試験です。

私が今日メッセージを送りたいのは,この16万の中の5万人の人たちです。

この人たちは,わずかな差で「目的」を達成できませんでした。

わずかな差だった場合,フツーの人は「運が悪かった」と考えます。
択一に過ぎない宅建試験でこう考える人は,すっごく多いです。

そして,「運も実力のうち」と自分を納得させるのが一般です。

しかし,このような納得のさせかたでは,来年も同じ轍を踏む危険が大きいです。

私に言わせれば,わずかな差の5万人もギリギリで合格した人も,実力に差はないです。

結果が違ったのは「実力を発揮できなかった」ただ一点にあります。

とすれば,
「実力を発揮できなかった」のはなぜか,ともっと具体的に自分を納得させなければなりません。

「運も実力のうち」などと,抽象的な所でお茶を濁している限り,いつまで経っても自分の望む人生は得られません。

実力を発揮できなかったのは,「勝負に弱い」からです。
勝負に弱いのは,いざという時に「あがってしまう」からです。

あがってしまう原因にも,いくつかパターンがあります。
 (1)性格的なもの(あがり症)
 (2)いい所を見せんがための気負いすぎ
 (3)その他

(1)と(2)については,今日の私が出る幕じゃないです。

案外見逃されている(3)の「その他」に関して,最近いい本が出たので紹介します。

その本によれば,
スポーツでも試験でも,勝負のカギを握るのは「戦略」であり,勝つことを「目的」にしているだけでは頭が良いとは言えない,とのことです。

著者は,この「戦略」に独創性をもたせた状態を「勝負脳」と名付け,わずかな差の勝負に勝つカギを握るといいます。

この勝負脳は,練習すれば誰でも獲得できるらしいですが,私もそう思います。

イチロー選手や荒川静香さんの例をあげながら,わかりやすく論を進めているので,わずかな差の5万人の人たちはもとより,今年めでたく合格した人にも読んでもらいたい本です。

<勝負脳>の鍛え方林成之著(講談社現代新書)

平成18年12月6日(水)記

ページのTOPへ