宅建講師21年目ですが一向に進歩しません

最近は,何か新しい情報はないかと「2ちゃんねる」等の関連サイトを徘徊してます。

宅建関係の掲示板・サイト・ブログを,この時期は,1日3時間くらい見ちゃってます。

そのぶん仕事が遅れがちです。
「今日も失敗しちゃった! でも,まっ,イイか!」なんて自分を納得させているこの頃です。

(1)

ところで,
失敗の原因を自分に納得させる方法は,大きく分けて二つあると思います。

一つは,
失敗の原因を「自分の外」に求めるやり方。

失敗したのは「世の中が悪かった」「会社が悪かった」なんて,自分を納得させる方法です。

もう一つは,
失敗の原因を「自分の中」に求めるやり方ですね。

「努力が足りなかった」から失敗した,と自分を納得させる方法が典型です。

資格試験にしぼれば,
再チャレンジで合格しやすいのは,失敗の原因を「自分の中」に求める人だと断言できます。

「自分の中」に失敗の原因を求めるのは,「人のせいにするのはダメ!」という子供時代からの教え,道徳とも合致します。

しかししかし,
失敗の原因を「自分の中」に求め過ぎると,合格する何百倍もの危険が待っていますよ。

「自分の中」に求め過ぎる人は,いわゆる「うつ」になり易いです!

正確な診断名は不明ですが,「うつ」傾向で資格試験を断念した人はゴマンといます。

「自分の中」に求め過ぎると「うつ」になり易いという傾向は,もちろん講師にもあります。

今年になって,私が知っているだけで,大手予備校の講師が二人もブログを閉鎖しました。

原因を「自分の中」に求め過ぎた講師と,ほぼ断言できます。

(2)

こう考えると,
たまには失敗の原因を「自分の外」に求めて,失敗したのは「世の中が悪かった」「会社が悪かった」なんて自分を納得させるのも,精神衛生上はよろしい! ということになるのです。

何事もバランスでして,
「自分の外」に求め過ぎるのも良くないですが,「自分の中」に求め過ぎるのも危険だ,ということです。

私もこのバランス感覚で,冒頭で書いたように「今日も失敗しちゃった!でも,まっ,イイか!」なんて自分を納得させている,と思って下さい。

他の講師が書くブログにも,「私はこれをする」と宣言しながら,書いてあることが最後まで「人に対するお説教」だったというものがありますが,これなどは,失敗の原因を「自分の外」に求めるやり方の「変形」でして,ご当人にとっては,精神衛生上極めてよろしいやり方と言えるのです。

(3)

宅建試験の発表まであと1週間。
桜散る人の方が多いのが現実なので,今日の記事が少しでも参考になれば幸いです。

宅建講師21年目なのに,この時期,こんな記事しか書けない迷物講師ですが,やっぱり一向に進歩しませんね!

平成19年11月28日(水)記

ページのTOPへ