たかが宅建されど宅建

宅建試験は法律の入門資格。
その意味では「たかが宅建」でしょう。

だけど入門資格ゆえの怖さもあります。
人生を左右する怖さです。
その意味では「されど宅建」かもしれません。

(1)

入門資格だからとタカをくくっていると「合格しにくい」です。
法学部出身者でも同じ。
これが怖さの1つ目です。

(2)

2つ目は,
タカをくくっていると,運良く宅建に合格しても「人生情けないし,つまんない」おそれが大です。

この2つ目は意外な盲点であり,誤解している皆さんが多いので,チョット掘り下げてみますネ。

事例1

「たかが宅建」と思い続けたまま,運良く合格したとします。
でも,法律の上位資格への道はかなり狭いものになるでしょう。

法律は,基本の積み重ねです。
何事も,基本(入門)をおろそかにした人に,先はないと思いませんか?

もし,
基本抜けが原因で上位資格に何回も跳ねられるとしたら,情けないですし,人生つまんないです。

事例2

「たかが宅建」と思い続けたまま,運良く合格したとします。
でも,思い通りの仕事をするには,かなりの困難が伴うでしょう。

法律の勉強は,自分で物を考えることの訓練です。
どんな仕事でも,自分で物を考えるのがヘタな人が,思い通りに出来る道理はないと思いませんか?

もし,
「寄らば大樹の陰」あるいは「長い物には巻かれろ」だけで食べられる仕事だとしたら,情けないし,人生つまんないです

事例3

「たかが宅建」と思い続けたまま,運良く合格したとします。
でも,それだけでモテることは,まずないでしょう。

法律は,他人を説得する術です。
どんな恋でも,説得されて初めて実るとは思いませんか?

もし,
説得しなくても実る恋じゃ,やっぱり情けないし,人生つまんない!

平成19年12月15日(土)記

ページのTOPへ