そもそも「不動産」って何 ?

(1)

動かせない財産を不動産といいます。
土地と建物は,動かせないから不動産です。

逆に,
動かせれば動産です。
自動車・宝石・コピー用紙は,動かせる財産なので動産です。

以上の「動かせない」「動かせる」は,物理的な話です。
もっと言えば,人のチカラで「動かせない」か「動かせる」かです。

(2)

こういう話は,大昔から戦国時代を経て,私が学生のころまでは,あまり疑問を持つ人がいなかったです。

そういうことなので,民法86条はこんな条文になってます。

土地及びその定着物は,不動産とする」(1項)
不動産以外の物は,すべて動産とする」(2項)

この条文で「定着物(ていちゃくぶつ)」というのは,土地にガッチリくっ付いている物という意味で,建物が典型です。

(3)

ところで私は,今の若い人は,これから大変だなあ~と思います。

基本はあくまでも,「動かせない財産だから不動産」なのですが,最近の社会は,そんな基本を忘れさせる現象ばかりですもんね。

大地震のニュースに触れれば,
若い人の頭には「土地は動く!」がインプットされてしまいます。
うちの娘なんか,まさにこのタイプです。

これじゃ,「動かざること山の如し」と戦国時代をリードした武田信玄もビックリ

(4)

今の若い人が大変だなと思うのは,宅建の勉強に関しても同じです。

平成19年に住宅金融公庫が廃止され,代わりに住宅金融支援機構というのが出来ました。

ここを理解するには「不動産の証券化」という知識が必要ですが,「動かせない財産だから不動産」という大昔からの基本を知らないで,ただ単に証券化という言葉を振り回している若い人に出会うと,日本の将来が心配でなりません。

「不動産以外の物は,すべて動産とする」(民法86条2項)ことになっているのに,どうして動産(紙=証券)と不動産が一緒になっちゃうの? という疑問くらいは持ってもらいたいです。

こんな疑問は解決しないでも,宅建試験には合格します。

でも私は,
若い人も若くない人(?)も,皆さんには「宅建合格が終点」の人物になって欲しくないです。

(5)

近い将来,不動産屋さんも,今までの仕事がガラリと変わってくる可能性があります。

従来型の仲介(代理や媒介)業務は当分無くならないにしても,20年先は疑問です。

一件一件の手数料は少なくても,安定的な収益をもたらすことで見直されてきた不動産の管理業務(例:マンションや駐車場の管理)にシフトする不動産屋さんも増えてます。

さらには,自社の業務態様を「不動産の証券化」関連にシフトしつつある不動産屋さんも増えているようです。

不動産投資顧問業が典型ですが,それに向けて法整備も着々と進行してます。

そんな時代にあって,
どうして動産と不動産が一緒になっちゃうの?」という根本的な疑問から説き起こせる人材が,わが国には不可欠です。

居酒屋で「日本版サブプライムが心配なんだよね!」などとクダを巻きながら上司の悪口を言っているだけじゃ,20年先の保証はないです。

(6)

勢いでキーボードを叩いていたら,最後は説教っぽくなっちゃいました。 スイマセン。

平成20年6月20日(金)記

ページのTOPへ