個人情報を「出さないリスク」もある

個人情報を出さなければ、プライバシーが守れます。
でも、個人情報を出さないリスク(損失)もあります。

ここに気づいている日本人は、とても少ないと思います。

(1)ネットで情報を発信している人

「アメリカでは実名でブログを発信するのが常識」らしいですが、わが国は匿名ブログのオンパレードですね。

私の実感では、日本人読者の、
 ・ 2割が…ちゃんとした人
 ・ 3割が…変な人
 ・ 5割が…どうでもいい傍観者
です。

匿名でブログを書いている限り、2割の「ちゃんとした人」からは相手にされないと思って下さい。

「ちゃんとした人」と「変な人」の中間に位置する私でさえ、匿名ブログは無視します。

そんな時代なのでしょう。

最近、グーグル内部の人(日本人)も「アメリカでは実名でブログを発信するのが常識!」との啓蒙活動を盛んに行っています。

(2)ネットで情報を発信していない人

ブログを書いていない人にとっても、個人情報を出さない事がリスクになることがあります。

でも、ネットで情報を発信していない人は、3割の「変な人」に騙されないメリットの方が大きいと思います。

つまり、ネットで情報を発信していない人にとって、個人情報を出さないリスクは、極めて小さいです。

(3)発信情報のテーマ

個人情報を出さないリスクは、ブログのテーマによって違ってきます。

(イ)

例えば、ブログのテーマが「政治の批判」だとします。

この場合、読んでいる人が惹(ひ)かれるのは、書き手の実名より、書いてある内容でしょう。

読み手は、マスコミにない斬新な切り口を求めています。

だから、「政治の批判」がブログのテーマの場合、個人情報を出さないリスクは、ほとんど無いと言えます。

3割の「変な人」に対抗するためにも、匿名ブログにすべきでしょう。

(ロ)

ブログのテーマが「病気の予防・治療」の場合はどうでしょうか。

この場合、読んでいる人にとって重要なのは、書き手です。

私ごときが、ガンの予防・治療について新しい情報を書いても、誰も信用しませんよね。

でも権威ある医学部の教授が実名で書いたら、どうでしょう。
その差は明らかです。

したがって、「病気の予防・治療」がブログのテーマの場合、個人情報を出さないリスクは、とても大きいと言えます。

(ハ)

ブログのテーマが「宅建試験の合格」の場合は、上の(イ)よりも(ロ)に近いです。

「宅建試験の合格」は、不安を抱えている受験者にとっては「病気の予防・治療」そのものだからです。

だとすれば、「宅建試験の合格」がブログのテーマの場合は、権威ある者(宅建講師)が実名で書く事が不可欠であり、個人情報を出さないリスクは、とても大きいです。

(4)この記事を書いたきっかけ

平成17年4月1日から個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)が施行され、その頃から、ブログで情報を発信する人が増えました。

私も、平成17年6月1日からブログを始めました。

でも、個人情報保護法のせいで、プライバシーに対して過剰反応する人が増えてしまったようで心配です。

この心配が、きょうの記事を書いたきっかけです。

実名で情報を発信すれば、自分の名誉を賭けることになります。

責任も重大ですが、2割の「ちゃんとした人」は、そんなブロガーを探しています。

覆面をかぶったまま何百回ブログを更新しても、しょせん黒子(くろこ)で終わってしまいます。

自分のためにもなりません。

なお、複数の金儲け専用ブログ(例:アフィリエイト専用)を運営しているので、積極的に個人情報を隠さないと困る所がありますが、きょうの記事は、そんな輩(やから)はハナから相手にしていません。

平成20年 6月30日(月)記
平成22年11月 8日(月)追記



ページのTOPへ