宅建貴族

(1)

その昔、貴族は「働かない」で生活を楽しめました。

(2)

今でも、「働かない」で生活を楽しめる人はいます。

典型は、親の財産で食える人。

親が残してくれた不動産を貸して、その賃料を主な収入源にしている人、中年になっても親に食べさせてもらえるような人が、そうです。

親の財産で食える人が宅建受験者になる例は、私の実感では1割近くいます。

きょうは、こういう人を宅建貴族と呼ばせて頂きます。

(3)

宅建貴族の合格率は高いです。

基本的に、時間が自由になるのが理由です。

一部の例外を除き、宅建貴族はマジメです。

「マジメ」で「時間が自由になる」のなら、勉強が習慣化している可能性が高いです。

勉強が習慣化しているなら、宅建にも合格しやすいです。

(4)

ところで宅建は、朝から晩まで「働かなければ食えない」一般人の試験です。

だから、宅建貴族の合格率が高ければ高いほど、一般人はその分アオリを食うことになります。

不動産屋さんの従業員を対象にした5問免除制度があるのは、このへんにも理由があるのです。

5問免除制度は、うまく機能しているかは別にして、実質的な平等を目指すものと言えます。

(5)

このように書いている私自身、
合格した時は、まさに宅建貴族でした。

私は、10日間だけ勉強して、自己採点48点で合格しました。

当時は、奥さんに食べさせてもらっている司法試験受験生でした。

「時間が自由になる」のは当然です。

根も「マジメ」だと思うでしょ?(笑)

だから、勉強が極めて習慣化していた当時の私は、1日12時間以上やっても平気でした。

(6)

宅建貴族は、合格後も「働かない」で生活を楽しめます。

そして生活を楽しむために、宅建サイトを運営する人が増えてきたように感じます。

講師よろしく、いろいろアドバイスしてくれます。
運営者は、さぞ楽しいことでしょう。

宅建貴族のサイトに書いてあるプロフィールは、当てになりません。

でも、宅建貴族サイトは「匂い」で分かります。

これは冗談ですが、生活を楽しむために運営しているかは、二三比較してみれば、この記事を読んで下さっている皆さんなら分かるでしょう。

一般の受験者が宅建貴族のサイトを利用する場合は、宅建貴族を楽しませるだけで終わらないようにするのが、やっぱり注意点でしょう。

宅建貴族と、朝から晩まで「働かなければ食えない」一般人とは、勉強が習慣化しているかどうかの点で根本的に違うことを、どうかお忘れなく。

(7)

ところで、一般人の皆さんは、ぜひ、宅建貴族をマネしてほしいです。

つまり、勉強を習慣づけてほしいのです。

もともと時間が「自由にならない」一般人に、勉強の習慣化をお願いするのは矛盾しているようですが、やり方はあります。

それが、私がよく言う「時間を有効に活用する」勉強です。

時間が「自由にならない」以上、「空き時間の利用」や「ながら勉強」で乗り切るしかないのです。

本試験まで3ヶ月もない時期ですが、習慣化はまだ可能です。
人間、その気になれば1ヶ月で変われます。

一般受験者の皆さん、宅建貴族に負けるな

※ 参考
忘却に打ち勝つ宅建試験の勉強法



平成20年 7月31日(木)記
令和 3年10月21日(木)記

ページのTOPへ