「宅建の職人」と「現代の名工」の差

(1)

最近,宅建の「職人」「ひとり親方」などと言い出してしまった手前,
それらの定義が気になって,いろいろ調べている迷物講師です。

ひょんな事から,
私が愛用しているギターを作った会社の社長が,平成17年の現代の名工に選ばれていたことを今さら知って,ビックリしています。

その名を矢入一男さんと言います。
ヤイリギターの社長です。

アコースティックギターを弾く人は,ご存知でしょう。

「イエスタデイ」を弾くときのポール・マッカートニーや,サザンオールスターズの桑田佳佑が愛用していることで有名なギターですね。

(2)

その矢入さん,こんな事を言っています。

「いいギターを製作するためなら何でもする!」

ヤイリギターでは,完成したギターを直ぐには売らず,約3ヶ月間,品質保管室という所に置いておくそうです。

そこで何をするかというと,
完成したギター相手に,ステレオ装置を使って音楽を聴かせ続けるのだとか…。

「そのことが科学的に効果があるのか分からないけれど,ギターのために良さそうだからやっている!」と,ひょうひょうとしています。

(3)

矢入さんの「何でもする!」という言葉,私にはすっごく重みがありました。
宅建の職人と現代の名工は,雲泥の差だと思いました。

(Wikipedia) 矢入一男

平成20年8月5日(火)記

ページのTOPへ