はたち過ぎての子に意見

(1)

タイトルは昔からの諺(ことわざ)で,「20歳を過ぎた子どもに意見しても効き目は無い」ということです。

とは言っても,黙っていられないのが私の性格。
なかなか完全実行には至りません。

20歳を過ぎている二人の子どもたちにも,やっぱり意見してしまう父親がここにいます。

(2)

でもネット社会が発達するにつれ,私の心の中では,「はたち過ぎての子に意見」という諺の重みが,ますます増大してきているのは確かです。

宅建受験者・宅建講師などの関係者に対しても,「20歳を過ぎた人に今さら意見しても効き目が無いよねぇ〜!」と結構シラケ気味でスタッフに話すことも多くなりました。

(3)

宅建倶楽部は,今年から9月を新年度にしました。
これは言い換えると,今年の一般受験者には「9月以降に意見しても効き目が無い」という私のメッセージだと思って下さい。
私が超直前期に,一般受験者を相手にガタガタ言うことは,効き目が無いどころか逆効果かも…。

一般受験者に効き目がある情報は,すでに,宅建の迷物図書館などにアップし終えました。

(4)

10月からの超直前期には,私が実名を知っているホンの一部の受験者だけを相手に,やんわりとお説教しながら,本試験日を迎えることになるでしょう。

平成20年9月30日(火)記



講座・教材の話【宅建講師message】に戻る