宅建受験者,感じることは皆違う

(1)

『全員が 合格祈願 神迷う』 

今(10月5日午後),迷物図書館に載せている「駄作ひとひねり」です。

(2)

こういう「川柳もどき」を宅建サイトに忍び込ませることについて,私の周囲には賛否両論あります。

否定論者のほうが多いかな?

(3)

むかし,宅建倶楽部の受講者全員に,東京湯島天神のお守りを送った事があります。

私が湯島天神に出向き,昇殿までして,自作のお守りハガキに,学問の神様菅原道真公の魂を入れてもらったんですね。

でもある年,「そういうのやめて下さい!」という苦情が,複数の受講者から届きました。

その方たちはクリスチャンでした。

(4)

お守りは宗教と言うより,クリスマス・ツリーやお正月の門松のように習俗化された道具に過ぎない,と私は思います。

でも,そう考えない人もいます。

どちらが正しいかではなく,ホント,人それぞれ。
動物でさえ,感じることは皆んな違うんです。

その辺を風刺するつもりで作ったのが,『全員が 合格祈願 神迷う』です (駄作に解説まで加えてしまってスイマセン)。

手を打てば
  鯉は餌と聞き
    鳥は逃げ
女中は茶と聞く
  猿沢の池

上は,奈良の高僧の作。

平成21年10月5日(月)記

ページのTOPへ