携帯電話雑感


(1)

私が宅建倶楽部を始めたのは平成4年(1992年)ですが、最初の仕事は、ほぼ全部が個人教授・出張教授でした。そして、受講者からの連絡は、固定電話とポケベル(ポケット・ベル)でした。

でも、1ヶ月もしないうちにポケベルは解約しました。NTTが携帯電話の宣伝を始めたからです。新しい物が好きな私は、早速飛び付きました。

当時、携帯端末は全部がレンタルでした。なぜか買い取り制は無かったです。

私の場合は、20万円の保証金をNTTに払って電話機を借りてました。「無くしたら20万円の弁償ですよ!」なんて言われたもんです。

ちなみに、携帯電話を契約したのはNTT本体です。ドコモという会社名ではまだ営業していなくて、携帯端末にも「NTT」と書いてあるだけでした。

(2)

話は急に現代に飛びます。

最近、宅建倶楽部では携帯端末からのアクセスが急増しています。
アクセスを解析してみると、「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」をはじめ携帯端末からのアクセスがやけに目立ちます。このままで行くと、PCからのアクセスを抜く日は、そう遠くないかも知れません。

そこで宅建倶楽部では、今年の予定になかった二つの仕事を、今やってます。

一つは、ケータイ・モバイル用のグーグルで宅建倶楽部のサイトを上位表示させること。

私は、ケータイ・モバイル用のグーグルでの表示品質をウオッチしていますが、ここでも結構スパムっぽいことをやっている宅建関係者が目立つので、ヤリガイがあります。

もう一つが、ケータイ・モバイルからでも見やすいコンテンツを増やすことです。

そこで今日も、受講者の質問の合間をみながら、セコイ事をしない宅建倶楽部の正統派SEOをやり、コンテンツの充実にも時間を割こうと考えてます。

なお、Yahoo!Japanでの上位表示については、ケータイ・モバイル用もPC用も、今はクチを閉ざすことにしてます。理由は言えません。

平成22年3月26日(金)記



ページのTOPへ