宅地建物取引業法主管者協議会

(1)イントロ

私が大手予備校の経営者だったら,合格発表を待ちわびる受験者のために「こんな情報も載せてあげるのになあ~」ということを,今回は書いてみます。

(2)合格判定会議

宅建試験の合格判定会議の正式名は,「宅地建物取引業法主管者協議会」といいます。

この協議会は,「宅建試験に関する共通事項の協議」や研修会(年2回)などを行うため,全都道府県・国土交通省などで組織しているものです。

この「共通事項の協議」の一環として行われるのが,いわゆる合格判定会議というやつです。

今年は,11月11日~11月18日の間に開かれると思いますよ。
その場で,合格ラインや正解番号が確定します。

(3)余談

合格発表を待ちわびる受験者のためになったか分かりませんが,ネット上で合格ラインを煽られるよりマシかなと思って,記事にしてみました。

下のリンクは,「宅地建物取引業法主管者協議会」の存在を公に認める鳥取県のHPです(真ん中あたりに書いてあります)。

鳥取県では,この協議会参加への負担金として毎年2万7千円払っているそうです。
宅建の受験料と比べたら,県が払うお金としては安いですねぇ~~(笑)。

鳥取県のHP


平成23年11月8日(火)記

ページのTOPへ