「年」と「年度」は大違い

(1)出題者も間違ってしまった

平成23年度宅建試験の問48肢2は,こんな問題でした。

平成23年版土地白書(平成23年6月公表)によれば、平成22年の売買による土地所有権移転登記の件数は全国で115.4万件となっており、対前年度比2.2%減とここ数年減少が続いている。

問48は正しい肢を選ばせる問題でしたが,出題者は,上の肢を正しいものとして用意していました。
でも,この肢は「たった一字のために」正しくなくなってしまいました。

どこかと言うと「対前年比」という部分です。
これを正しい肢にするには「対前年比」としなければならなかったのです。
「度」が有るか無いかは,統計問題では大違いです。

(2)年と年度の違い

統計問題で「年」と表現したときは,1月1日に始まって12月31日までの1年間を指します。暦通りです。

だから,上の問48肢2は「平成22年」の売買による土地所有権移転登記の件数を聞いているので,「対前年比」2.2%減としなければならなかったのです。

これに対して,統計問題で「年度」と表現したときは,4月1日に始まって翌年の3月31日までの期間を指します。

その根拠は,財政法第11条です。
「国の会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わるものとする」と定めているのが財政法第11条です。

わが国の国公立学校の入学式は4月に行われ,卒業は3月ということになっていますね。明治20年代からそうなっているのですが,あれは財政法第11条の会計年度に基づいているわけです。

(3)わが国の会計年度が毎年4月1日に始まる理由

大きく分けて二説あります。

【A説】
昔(平安時代)から,わが国では「年度始め」が春だったため…。
年度始めを春にしたのは,農産物の収穫が秋であることと関連していた。
米などの収穫を終え,その他酒や布などの税をチェックして,それらの数字がミヤコで集計され,新しい会計年度への準備が整う頃には,季節は春になっていた。

【B説】
明治20年代に,明治政府がイギリスの会計年度をマネしたため…。
当時イギリスでは,4月から始まる会計年度を採用していた。

(4)会計年度とは

会計年度とは,収入(歳入)と支出(歳出)を一定期間ごとに区分・整理する場合の,その期間のことです。

会社などの企業にも会計年度(特に事業年度と呼びます)はあります。
でも,企業の場合は「4月始まり」なんていう拘束はないです。事業年度の始まりを何月にしようとOKです!

統計問題は「単なる数字」であり,学問的な匂いが全然しない殺伐とした世界です。そこで,受験者の皆さまに少しでも記憶に残るよう,エピソード的なものをまじえた記事にしてみました。


平成23年11月23日(水)記


講座・教材の話【宅建講師message】に戻る