東京の昔

 
きのう結婚式に招待され,お酒を飲むことが明らかだったので,深夜東京からタクシーで帰宅しました。
久しぶりに,東京の「昔に詳しい」運転手さんに出会いました。
 
玉川上水の話になりました。
江戸の町に水道を引くためのものですから,昔すぎる話ですが,「その終点はどこか知ってるか?」と聞かれたので,即座に「大木戸ですよ。今の新宿御苑です」と答えると,私を気に入ってもらえたようで,ますます話が弾みました。
 
「じゃ運転手さん,新宿御苑の先はご存知ですか?」と話を差し向けると,「あれは一部が渋谷川になって,並木橋・渋谷橋・天現寺橋・四ノ橋・古川橋・三ノ橋・二ノ橋・一ノ橋・中ノ橋・赤羽橋・芝園橋,そして最後は金杉橋から東京湾に流れ込むんだよね!」との回答。
 
「運転手さん。 若い頃相当遊びましたね!」
「なぜ?」
「渋谷川沿いの橋の名前は,昔は全部都電の停留所の名前にもなってましたよね。それぞれの停留所には1つか2つ必ず穴場が有ったじゃないですか」
 
その後,ここでは書けない話をして,お互い暗黙の照れ笑い!
 
この運転手さんのすごいところは,それだけじゃなかったです。
私を話の分かる客とみるや,
「昔都電に乗ると,運転士は別名でも案内したもんだよな」と言い出しました。
「銀座4丁目の別名知ってるか?」
「尾張町(おわりちょう)でしょ」
「お客さん参ったよ!」
 
今度は私の番。
「四谷3丁目の別名は?」
「さて分かんないな!」
「塩町(しおちょう)です」
「本塩町(ほんしおちょう)なら四谷の駅前なんだがな。参った!」
 
お客さんに花を持たせてくれたんでしょうが,とても気分のイイひと時でした。
 
「今日はいいお天気ですね」
と,営業は天気の話から入るのがセオリーですが,お客さんとの会話を弾ませ営業成績につなげたいと思ったら,土地・地名の話から入るのも手だと思います。
特に,お客さんが中年で,不動産屋さんの営業の場合はね。
 
そのためには,在り来たりの抽象的な話じゃダメ。
今担当している物件所在地の昔話を,インターネットで仕入れるくらいの努力は必要でしょう。

平成16年2月16日(月)記

ページのTOPへ