猫のほうが好き


「犬と猫どちらが好きですか?」と聞かれることがあります。先日も、ある受講者に聞かれました。

「猫です」といつも答えています。

犬は、滋賀県で大学浪人してた時に、一度だけ飼いました。拾ってきた雑種。「明治のミルクキャラメル」が好きだったので「メル」と名づけました。

猫のほうは、子供時代から数え切れないほど飼ってるので、名前はほどんど忘れました。 その中で印象に残っているのが4ひきいます。 やっぱりキャラメルが好きな猫が2ひきいて、こちらは「不二家のミルキー」でした。オスはぽこちゃん」メスは「ぺこちゃん」と名づけました。私が小学校3年の時です。

新婚のとき、真っ白なムクムクした仔猫を1ぴき500円で2ひき買ってきました。 ペルシャ猫が1ぴき500円とは安い! オスを「イラン」と名づけました。メスが「イラク」じゃイメージわかないので、鉄腕アトムから借りて「ウラン」としました。やがて「イラン」と「ウラン」は仲良く病気になりました。動物病院に連れて行くと、獣医いわく、「これペルシャ猫じゃないよ、普通の和猫」。そう言われて落ち込むようじゃ愛猫家とは言えません。

なぜ猫のほうが好きかを書き忘れたましたが、うちは、親戚も含めて代々猫好きの家系、というのが理由です。 親戚もそうですが、たまたま夫婦が猫好きだったのではなく、猫好きどうしだから夫婦になった、という感じなのです。

平成17年6月28日(火)記

ページのTOPへ