東京で桜の開花宣言

気象庁は3月21日,東京で桜が開花したと発表しました。
開花宣言の基準となる桜の木は,東京の場合は,靖国神社のソメイヨシノです。

ソメイヨシノは,漢字では「染井吉野」と書きます。
太閤秀吉も花見に行ったという桜の名所奈良県の「吉野」にちなんだ名前であることは,案外知られています。

では,なぜ「染井」が付くのでしょうか?
答は,江戸時代末期,江戸の染井村にいた植木屋さんが,園芸用に品種改良したからです。

染井村というのは,
現在では「おばあちゃんの原宿」として知られるJR巣鴨駅の近く,トゲ抜き地蔵の「高岩寺」の辺りにあった村です。
今では染井霊園にその名が残っています。
地図はこちら

染井村のことは,小学校入学前から知っていました。
昭和29年(6歳)まで,染井霊園の近くの大蔵省官舎で育ったからです。

狭い官舎には,母方の祖母が同居していました。
私の父親は,嫁さんの母親まで扶養していたのです。

このおばあちゃん,
元は八百屋のオカミさんで,明治23年生まれの粋な人でした。

縁日になると,決まって孫の手を引いては,トゲ抜き地蔵にお参りに行きました。
孫は道すがら,明治から太平洋戦争までの昔話をうんと聞かせてもらいました。
露天でお菓子やオモチャを買ってもらう心地良さも覚えました。

私は,おばあちゃんの原宿「一期生の孫」なのです。

平成18年3月21日(火)記

ページのTOPへ