わが子には営業的センスがあるのか?
 
イラクの日本人人質事件のうち,3人の解放が実現したというニュースが木曜日に飛び交いました。
世論は真っ二つに分かれているようです。
 
【A説】
イラクの実情を伝えるために危険を顧みず現地に向かった3人を賞賛する!
【B説】
危険を承知で現地入りし、このような結果になったことは自業自得だ!
 
皆さんは,どう思われるでしょうか?
私はハッキリ【B説】ですね。

もし,自分の子供達が同じような目に会ったとしても,少なくとも,テレビカメラの前で「命乞い」する家族にだけはなりたく無いです。
 
この点について,きのう家族みんなで話し合いました。
我が家は全員が【B説】でした。
 
その際,息子がポツリと言った言葉が非常に気に掛かりました。
 
(息子)
「お父さん,この話題をホームページに書くなら,自分の立場をハッキリ言わない方がいいよ!」
(私)
「なぜ?」
(息子)
「だって,反対説(A説)に立つ人がお父さんのこと心良く思うはずないでしょ。教材の売り上げが落ちるよ。」
 
娘も相槌を打ちました。
 
私は複雑な心境でした。
「わが子には営業的なセンスがあるのか?」
「それとも,将来を生き抜かねばならない人間として,むしろ小粒なのか?」
 
詳しくは書けませんが,ベトナム戦争を間接的に経験したオヤジが感じた一コマでした。

平成16年4月17日(土)記



私生活【宅建講師message】に戻る