中学生向けの哲学書

おととい,きのうと「死んだ両親」「神社」のことを書いたら,なぜか哲学の本が読みたくなりました。
とは言っても,専門書じゃ宅建パズルしか解いてない今の私には難解すぎます。
そこで中学生向けのを一気に読みました。

14歳からの哲学」(池田昌子著)。

専門用語を使わないで哲学を解説してくれる名著です。
読後感も非常にさわやか!

平成17年8月16日(火)記



私生活【宅建講師message】に戻る