頭でっかちの政治学者や評論家が見過ごしている点

人間は,ちょっとした感情のもつれで,行動が違ってくることがあります。

先日の衆議院議員選挙,我が家はみんなで自民党を応援しました。
生まれて初めての国会議員の選挙だった息子(20歳)も,同じでした。

しかし彼は,政党名は自民党と書いたものの,個人名では民主党の候補者に入れました。

選挙期間中,駅前で自民党の「藤田みきお」候補に握手を求めたら,彼だけ無視されたのだそうです。
一見して高校生にしか見えないので,忙しい候補者からすれば無理もないです。
でも彼は,それを根に持っていて,結局,個人名では民主党の「野田よしひこ」候補に投票しました。

私は,ただニコニコして見守るしかなかったです。
子供じみているなんて,決して言えません。

かく言う私も,ちょっとした感情のもつれで,しばしば行動が違ってきます。

例えば,郵政民営化法案をちゃんと読んで,それに賛成しているわけじゃないです。
そもそも感情的に,今の郵便局が嫌いなのです。

今日も何名かが,宅建10日間をハガキ(料金受取人払い)で申し込んでくれました。
信じられないかも知れませんが,9月8日の消印のハガキが,料金受取人払いだと,6日後の今日になって届くのが,今の郵便局の仕事なのです。

強く文句を言えば,本局の局長が謝りに来ますが,一向に改まりません。
早く民営化して,競争原理を取り入れなければダメです。

競争原理なんて,もっともらしいことを言っていますが,これとて,感情のもつれから発している言葉かも知れません。

ちょっとした感情のもつれで行動が違ってくる,私のような者の票も,考え抜かれて投じられた票も,一票は一票。
子供じみた感情とて,絶対に否定できないのが民主主義です。

頭でっかちの政治学者や評論家は,案外この点を見過ごしているのかも…。


平成17年9月14日(水)記

ページのTOPへ