裏が透けて見えちゃうコンテンツ

最後に更新した日:2020年12月28日(月)


最近は、宅建関連のサイトを見ても、有名ブロガーの記事を読んでも、つまんない!テレビも言うに及ばず!みんな「裏が透けて見えちゃう」ようになったので、活字の本を読む機会が以前の倍に増えた。
一度しかない人生、時間より大切なものはない。
「裏が透けて見えちゃう」コンテンツに付き合っているヒマなど本当にないのだ。


(1)

自分で言うのもなんですが、最近は、宅建関連のサイトを見ても、つまんないです。

有名ブロガーの記事を読んでも、「裏が透けて見えちゃう」ようになったので、同じくつまんないです。

この傾向、私の場合は、去年の原発事故以来強くなりました。

(2)

じゃあと、テレビをつけてみると、これはモットモットつまんない!

(3)

そんなワケで、古(いにしえ)にもどって、活字の本を読む機会が原発事故前と比べると2倍以上になりました。

とは言っても、新刊書は読みません
有名ブロガーの記事と同じで、「裏が透けて見えちゃう」本ばかりだから。

いま結構読んでいるのは、私が独身時代に書かれた本です。
現在有名になっているアナリストが、明治・大正生まれの「どういう大先生」に影響を受けているのかが、手に取るように分かるので面白いです。

気をつけよう  暗い夜道と アナリスト !

(4)

一度しかない人生、時間より大切なものはないでしょう。

とすれば、「裏が透けて見えちゃう」コンテンツに付き合っているヒマなど本当にないのです。



下の動画は、2012年5月29日89歳で亡くなった盲目のギタリスト Doc Watson のフラット・ピッキングによる Black Mountain Rag という曲です。



皆さまに見せるためというより、自分で見るために張りました。(笑)


最初に投稿した日:2012年06月04日(月)


ページのTOPへ

姉妹サイト 宅建の迷物図書館