家族四人が分裂した千葉四区

きのうは3年3ヶ月ぶりの衆議院議員の選挙だったので、「自分の記憶に残しておくためだけに書く記事」です。

私が住む船橋市は、野田首相のお膝元。
小選挙区名では千葉四区です。
・ 野田 佳彦 (民主党)
・ 藤田 幹雄 (自民党)
・ 三宅 雪子 (未来の党)
・ 斎藤 和子 (共産党)
の四氏(届出順)が立候補しましたが、野田首相がダントツで小選挙区当選を果たしました。

ところで、うちの家族は仲の良いほうだと思いますが、今回の小選挙区に限っては、みごと家族四人が分裂しました。私は??氏、奥さんは◆◆氏、息子は△△氏、娘は▲▲氏に投票しました。

NHKがしていた出口調査を適当に冷やかしたりして、普段と違う刺激があった日曜日でしたが、ま、どうでもいい話を書いてしまいました。

ここまでグローバル化が進んでしまっては、自民党政権になっても、国民が愚民であってもなくても、「日本国単独ではどうしようもない」、とかなり真剣に思っています。
あとは「」しかないでしょう。合格点前後にいた宅建受験者と同じですよ!

とすれば、どうでもいい話ながら、私には家族四人が分裂した「理由」のほうに何倍も興味があったりします。


平成24年12月17日(月)記


ページのTOPへ