はがき一枚よこしません

1月23日の管理業務主任者試験の合格発表を最後に,有名な法律系国家試験の平成15年度が終わりました。

受験者数 合格率
行政書士 81,242人 2.89パーセント
マンション管理士 37,752人 8.0パーセント
管理業務主任者 27,017人 20.0パーセント
宅建 169,625人 15.3パーセント

上は全部,年齢・性別・学歴・国籍等に関係なく誰でも受験できる「一般に開かれた試験」ですが,ひとり宅建試験だけ「取り残されている点」があります。

なんでしょう ?

他の3つは「不合格者にも結果が通知」されます。
でも宅建だけは何の連絡も無いです。
「御苦労様の一言」もないです。
はがき一枚よこしません。

平成16年度の「宅建試験実施公告」は6月上旬にされますが,それまでに改善されるよう,私はイロイロな手段で訴えて行くつもりです。

不合格者には点数まで教えるのが当たり前の時代なんです(司法試験・社会保険労務士試験等)。

平成16年1月26日(月)記



平成20年夏現在,改善される兆候はないです。

平成20年8月16日(土)追記



宅建試験業界を斬る【宅建講師message】に戻る